▼ MENU

ホーム > セファログラムについて

調和のとれた咬み合せのために

まず、決まった距離と方向で頭のレントゲンを撮ります。そして顎の位置が頭蓋骨に対してどの様な位置に有るか等を分析します。
日本名は、「頭部X線規格写真」と言います。

顔は、頭蓋骨に肉付けされています。 よって頭蓋骨を分析することで、その人の顔立ちもわかります。

特に、口元は、顎の位置や歯の位置により見た目や機能も大きく異なります。 このレントゲン写真をトレースをして、色々な部分の角度を計測します。そして、その角度が標準の人の角度とどれだけ異なるかを分析するのです。

さらに、矯正治療をする場合、どこの角度をどう変えれば、調和のとれた咬み合せができるのかを検討するのです。具体的には、歯の傾きの角度を変えたり、咬む平面(咬合平面)の傾きをどう変えれば良いのかをこのセファログラムから導きだします。

セファログラム

昔から有る検査ですが、矯正治療をする上では非常に重要な検査です。 特に、歯を抜かない矯正治療には必須と言えます。このセファログラムは矯正専門医にしか殆ど入っておりません。

矯正歯科

診療日カレンダー 内覧・見学いつでもOK!

ひよこクラブ

当院が紹介されました

訪問歯科診療良質の幹細胞を未来へ 歯髄細胞バンク
スタッフ募集 ネット予約はこちら クレジットカード