▼ MENU

歯科衛生士によるプロフェッショナルケアとは

投稿日: 2016年2月14日  | カテゴリ: 都筑デンタルBLOG

「自分は毎日食後に歯みがきをして、歯間ブラシも使っているから歯のケアは大丈夫!」

こう思っている人も少なくないと思います。でも、それだけで虫歯や歯周病を予防できるかといえば、必ずしもそうではありません。たとえ、歯ブラシに加えてデンタルフロスや歯間ブラシを活用したとしても、セルフケアだけでは完璧な歯垢の除去は不可能なのです。

ですから、久しぶりに歯科医院を訪れてみると、虫歯が見つかったり、気がつかないうちに歯周病が進行していたり…なんてことに。。

お口の健康を守るには、歯科衛生士による「プロフェッショナルケア」は決して欠かすことはできないのです。
歯科衛生士による「プロフェッショナルケア」のプログラムには、一体どのようなものがあるのでしょうか。

◆プロフェッショナルケアとは?
歯科衛生士からは、こんな処置や指導が受けられます。

◇歯石除去
ハンドスケーラーや、超音波スケーラーなどを使って、歯にこびりついた歯石やバイオフィルムを除去します。

◇クリーニング
歯科医院には、歯ブラシでは落としきれない歯垢をキレイに取り除ける専用機器があります。歯ブラシの届きにくい場所や、毛先を当てにくい場所にもしっかり対応するので、効果的にクリーニングすることが可能です。

◇フッ素塗布
虫歯を防ぐためにフッ素を塗布します。

◇ブラッシング指導
患者さまの歯の状態を見せていただき、それに合わせた適切なブラッシング方法を指導していきます。
 

個人差はありますが、年に数回はプロフェッショナルケアを受けることで、虫歯や歯周病を防げる確率もグッとアップします。歯や歯ぐきに問題が起こってからでは、治療に時間や費用もかかってしまいます。

むし歯や歯周病には、なにより予防が大切なのです。
定期的なプロフェッショナルケアで、健康で輝く歯をキープしましょうね!

サイト内検索はこちら

この記事の関連記事

  子供の虫歯予防のためににフッ素(フッ化物)の塗布を・・と考えている方も多いかと思います。でも、いったいいつごろから始めるのがいいの?という方もいるのではないでしょうか。   フッ素(フッ化物)には、歯の再石灰化を助けたり、酸に強い歯質にし

最近では、口内のケアが上手くできるということから、電動歯ブラシを使う人も多いと思います。確かに、正しく使えば手で磨くよりも綺麗に歯垢などを落とせることが多いようです。ただし、多くの歯科医は最低でも小学生になるまでの子供に電動歯ブラシを使用することは

歯がまだ生えていない赤ちゃんの口の中に、虫歯菌は存在していません。歯がない状態では、代表的な虫歯菌であるミュータンス菌は存在できないのです。でも歯が生え始めたからといって虫歯リスクがいきなり高まるのかというとそうでもありません。 歯が生えると歯垢


アーカイブ

2018

最新記事

診療日カレンダー 内覧・見学いつでもOK!

ひよこクラブ

当院が紹介されました

訪問歯科診療良質の幹細胞を未来へ 歯髄細胞バンク
スタッフ募集 ネット予約はこちら クレジットカード