▼ MENU

おしゃぶりと歯並びの関係★何歳までにやめる?

投稿日: 2017年2月19日  | カテゴリ: 都筑デンタルBLOG

赤ちゃんがおしゃぶりを利用していると、歯並びに悪影響があるという話があります。調査したところ、おしゃぶりを長期間使用している赤ちゃんの歯並びに問題がある率が極めて高いということが分かっています。
おしゃぶりというのは親御さんにとっては育児の手助けになるグッズなのですが、おしゃぶりを使う期間には注意が必要です。
 

通常、おしゃぶりの使用率は3歳になると急激に減り、指しゃぶりは4歳頃まで行われているとされています。では、口に何かを咥えているということで、どんな風に歯並びに影響が出るのでしょうか。

先ず、おしゃぶりを使用している子供は、使用していない子供に比べて上顎前突、乳臼歯交叉咬合、開咬という症状になっている割合がとても多いのです。ただし、このような症状が見られても、2歳頃までにおしゃぶりを止めれば、やがて症状は改善することが多いと考えられています。

乳臼歯は2歳半頃に生え揃うため、それ以降、例えば3歳頃まで使用し続けていると噛み合わせ異常が残り易いのです。

おしゃぶりの利用は、できれば言葉を覚えたり、話したりするようになる1歳過ぎ頃までにしましょう。

1歳を過ぎる頃には、おしゃぶりのフォルダーを外すようにし、赤ちゃんの手の届くところに常におしゃぶりがあるというようなことのないようにしたいですね。出来れば2歳半頃までにおしゃぶりを卒業できるようにしましょう。
 

ただ、おしゃぶりにもメリットはあります。赤ちゃんの精神的安定、簡単に泣き止む・静かになる、スムーズに眠ってくれるなど、親御さんの育児ストレスの軽減になります。
おしゃぶりの卒業には親御さんがおしゃぶりに頼ることの卒業でもあるのかもしれません。ぐずったらすぐおしゃぶりを口にということのないようにしましょう。


気をつけておかないといけないのは、歯並びへの影響の他に、習慣になってしまうということでしょう。
一度使用すると長時間、長期間の使用傾向があり、噛み合わせ障害の他、親御さんが子供の泣いている理由を考えなくなる、言葉かけやふれあい、あやすといったことがすくなくなる、赤ちゃんの発語機会が減少するといった問題があります。

育児の助けにもなるおしゃぶりですが、赤ちゃんの様子を見ながら上手に利用するようにしたいですね。

サイト内検索はこちら

この記事の関連記事

妊娠すると歯周病になりやすいという話があります。これはその通りなのですが、なぜなのかということについて少し記そうと思います。  ◆女性ホルモンの影響  妊娠中は血液の中に存在する女性ホルモン、【エストロゲン】と【プロゲステロン】が増加するのです

虫歯治療などをして銀歯になることがあります。その銀歯について書きます   ◆子供の銀歯  いわゆる銀歯。銀色をしているからですが、小児に使われている銀歯は大きく分けて2種類あります。 1、大人と同じように型を採って銀合金で詰め物を作って歯に

◆発育空隙について 子供の歯の状態に【発育空隙(はついくくうげき)】というものがあります。子供の歯列に隙間がある状態のことなのですが、特に上顎前歯部に出来る隙間を示すことが多いようです。前歯に隙間が出来るため、【醜いアヒルの子】の時期という風に呼


アーカイブ

2016

最新記事

診療日カレンダー 内覧・見学いつでもOK!

ひよこクラブ

当院が紹介されました

訪問歯科診療良質の幹細胞を未来へ 歯髄細胞バンク
スタッフ募集 ネット予約はこちら クレジットカード