▼ MENU

レントゲン
ホーム > 小児歯科とレントゲン

小児歯科とレントゲン

小児の虫歯で多いのは、咬む面よりも奥歯の歯の間に出来る虫歯です。
その小児の奥歯の虫歯は、目で見てもなかなか判りにくい事が多く、マイクロスコープで拡大して見ても判別に苦しむ場合があります。

普段、虫歯が無いと思っていても、ある日突然歯の間に大きな穴が開いたり、歯科医院で定期健診を受けていたにも関わらず、歯に穴が開いてしまう事が有ったりします。

なんでそうなってしまうのでしょうか?

それはズバリ、永久歯の虫歯は黒っぽく見えますが、乳歯の虫歯は殆ど黒くならないからです。

要するに、透けて黒く見えにくいからです。
また、乳歯は永久歯よりも歯として作られる期間が圧倒的に短いのです。
永久歯は6年間位かけて作られるのに対して、乳歯が作られる期間は2~3年間程度です。
よって、歯の性質として、乳歯は永久歯より劣ってしまいます。

つまり、乳歯は虫歯になると進行速度が早く、アッと言う間に崩壊してしまうのです。

そうならない為に威力を発揮するのが、レントゲン写真です。
歯の間にできた虫歯なら、目で見えないものもかなりの高率で発見する事ができます。
永久歯は、逆にレントゲン写真でも判別しにくい場合も多いですが、乳歯は永久歯よりも硬くないので、レントゲン写真でははっきり写る場合が多いです(図参照)。

乳歯の歯列はアルファベットで表記します。

前歯から両側に、A,B,C,D,Eで、Eが一番奥の歯です。

このDとEの間にできてしまう虫歯ですが、乳歯が全て生え揃った3歳頃から出来始めます。
どこか1箇所でもDとEの間に虫歯があれば、ほかの箇所も程度の差こそあれ虫歯がある事が多いです。

この奥歯4箇所のレントゲン撮影は、当院では3歳以上のお子様には必須と考えています。

レントゲンの撮影で被曝の心配をする親御さんも多いですが、歯科のレントゲンでの被曝量は1マイクロシーベルト程度。 たまに「頭を打って小児科でCTを撮影したので、歯のレントゲン撮影はやめてくれ」と言われる事があります。 しかし、同じレントゲンでも頭部のCTの被爆量は2ミリシーベルト。
これを歯科のレントゲンに換算すれば、約2000枚撮影したのと同じです。
また、地面からも放射線は常に出ていますし、航空機に乗った場合は地上よりも多く被曝すると言われています。 歯科のレントゲンによる被爆量は、温泉地帯に行った時に1日で受ける被曝量以下だと推定されます。

当院でのレントゲンはデジタルカメラと同様にデジタル化をされていますので、昔ながらの現像をしている歯科医院に比べれば被曝量は5分の1程度と言われています。
このデジタルのレントゲンは「CCD方式」と「イメージングプレート方式」があり、CCD方式はデジタルカメラと同じで、瞬時に映像を得ることができます。ただレントゲンを受け取るセンサーにコードが付いており、厚みが有りますのでお子様の小さい口には不向きです。なので、お子様のレントゲン撮影にはイメージングプレートと言うコードの無いデジタル用のフィルムを使います。

レントゲンを撮影するのもかなり大変

実は、このレントゲンを撮影するのもかなり大変なのです。
撮影する必要が有るお子様の年齢はだいたい3歳からです。
5歳程度になれば撮影をする意味を理解してくれますが、3歳ですと意味を理解することが無理な場合が多く、レントゲン室に連れて行く事すら大変です。
米国の場合は、歯科用の椅子(ユニット)のそばにレントゲン撮影装置がありますが、日本では法令によってそれはできません。 場合によっては、この“レントゲン室に入る事自体をトレーニング(練習)しなければならないケース”があります。

そして、何回か来院をしてもらってやっとレントゲン室に入れても、撮影するには口の中にフィルムを入れて、1秒程度静止してもらわなければなりません。
それも上下・左右です。
口の中にフィルムを入れてスタッフが軽く押さえますが、手で振り払ってしまうお子様も多く、嘔吐をしてしまう事もあります。

このお子様の口の中のレントゲンを撮る事は、スタッフが余程お子様の心理等を理解できる事と、施設自体がお子様の心を和らげる雰囲気でないとなかなか難しいと考えています。

事実、都筑キッズデンタルランドと同じ敬友会の法人下にある小机歯科医院(横浜市港北区)では、泣き叫んでレントゲン撮影が全くできなかったお子様が、都筑キッズデンタルランドではなんの問題もなく撮影できる事が多々有ります。

歯科医院に定期検診に行っているのに、歯に大きな穴が開く。
それを防ぐためには、レントゲン撮影をして歯の間を見ておく必要が有ります。

それには、お子様がリラックスできる環境の施設で、お子様の対応に熟練したスタッフがレントゲン撮影を行う必要が有るのです。

もう既に、乳歯の奥歯の間に虫歯が有ります。
このまま放置すれば、あと半年程度で穴が開きます。
目で見て大きな穴が開いてしまいますと、乳歯冠と言う金属冠(銀歯)の適応となる事が多いです。 Dの歯は小学校3年生(9歳)、Eは小学校6年生(12歳)頃に生え変わりますので、これらの歯は少なくともあと5年は使わなければなりません。


診療日カレンダー 内覧・見学いつでもOK!

ひよこクラブ

当院が紹介されました

訪問歯科診療良質の幹細胞を未来へ 歯髄細胞バンク
スタッフ募集 横浜 インプラント 大和市桜ヶ丘駅 くぼくら歯科 ネット予約はこちら クレジットカード