▼ MENU

トレーニングの意義
ホーム > 怖い!を克服「トレーニング」

トレーニングの意義

歯医者さんにやって来るお子さんは、「ここで、何をされるの?」と不安な気持ちでいっぱいです。
以前、別の歯医者さんで嫌な経験があったりしたら、なおさらです。

「歯医者さん=怖くて、痛い!」というイメージを持ってしまったら、健康な歯を保つために定期的な通院ができなかったり、治療を先延ばしにしてしまったりと、結果的にお子さんが損をしてしまいます。

当院では、お子さんが安心して治療や検診を受けられるように、怖がる子に対しては5回程度を目処にゆっくりと時間をかけてトレーニングを行っています。(1回または2回で完了し治療できる子が多いです)

決まり切ったマニュアルではなく、その子に合わせてスタッフが様々なアプローチを行っています。このページでは、トレーニングのようすがイメージできるようにご紹介いたします。

コミュニケーション

お子さんとコミュニケーションをとり、仲良くなること、信頼関係を築いていくことから始めています。「どんなことが嫌いで、苦手なのか?」をお話してもらいます。例えば、最初の段階で口を開けたがらない場合は、エアーがイヤなのか、バキュームなど嫌なこと(苦手なこと)をお子さんから聞きだします。それにあわせて、たとえばエアーが苦手な場合は手や足などに弱いエアーをかけて段階を踏んで苦手意識をなくしています。
お子さんのペースに合わせて、少しずつ心を開いてもらえるように、じっくりとコミュニケーションを取っていきます。

診察用のイスに座ってみましょう!

お子さんが、お一人で診察室のイスに座る練習をします。イスに座ってみると、周りにはいろんな器具や道具が見えます。じっくり観察していただきます。(お母さんや付き添いの方が居なくても)イスに座れるようになったら、思いっきり誉めてあげます♪

嫌なことをひとつづつ克服

実際に使う器具や道具に触れてもらったり、何をするものなのか?分かりやすくお話したりと、少しずつ恐怖心を克服できるよう目指します。

 

(例えば)

  • お口を吸うのが嫌だ(バキュームが怖い)…まずは手にバキュームを行ったりコップの中のお水を吸うなどして少し遊びながら行うことで恐怖心をなくす。
  • エアが苦手…手足に弱いエアをかけてみる。「ほら、こんな感じなんだよ」という感じです。
  • キーンという音が怖い→これはムシバイキンの嫌いな音なんだよ、とお話する。(それでもだめなら)ヘッドフォンをして音楽を流すということもあります。

器具や道具をお口の中に入れてみる

どんな器具や道具も、いきなりお口の中に入れません。上のステップをクリアして、どういうものなのか?見て、触って、知ってから、口腔内に実際のバキュームやタービンを入れる際は『まずは、5秒がんばろうね』を目標にお口の中に入れてみます。慣れてきたら、その秒数を増やしていきます。

1回約15分のトレーニング

トレーニングのご予約は、約15分です。1つできたら、次のステップへ。それが難しかったら、1つ前の段階に戻り、もっと自信をつけてもらいます。

トレーニングの最後には、歯科医師といっしょに、その日に出来たことをお話しします。残りの5分は、順調にトレーニングが進んでいることを歯医者さんと確認したり、いろんな会話をしてお子さんとの信頼関係を築いていきます。そのときにその日話した会話を振って先生とその子も仲良く(信頼関係を築いてもらう)なってもらいます。

そして毎回必ずハイタッチで終わることを意識しています。

トレーニングを通して

大学病院での治療を勧められた子もトレーニング2回で、しかも「笑気麻酔なし」で治療を行っていたりするので、スタッフもやりがいや、達成感を感じています。お子様本人もできるという自信を持って「今日できたよ!」と保護者の方に話しているのを見て、とてもうれしく思っています。

いよいよ治療

トレーニングのステップをすべてクリアできたら、治療を開始します。歯科医師から、丁寧にわかりやすく、どんな治療をするのかお話しして、治療を始めていきます。わからないことがあれば、どんどん歯医者さんに質問して大丈夫です。

心を開いてくれない子もいます

他の医院での経験などで治療に対して、すごく恐怖心がある子、なかなか心を開いてくれない場合は、信頼関係が築けないので難しく感じます。不安や心配がどうしても拭えない子に関しては、その日に行うことの流れを1つのカードにして数種類つくり、それを見せながら説明し、納得してもらうような努力もしています。

トレーニングが出来ても当日の治療は練習できないこともあるので中にはパニックになってしまい泣いてしまう子もいますが、あせらず子供のペースに合わせて行っていくことが大事だと考えています。

我々の目指すゴール

「できたよ!」という達成感をお子さん自身に味わっていただくことをとても大事にしています。
ゴールは、むし歯の箇所を全部治療して口腔内環境を改善していくことだと、トレーニングと治療を通して本人にも歯の大切さを理解してもらうことです。恐怖心なく、スムーズに行なえるようスタッフみんなで努力しています。

お気軽に見学にきてください

当院では、見学も可能です。楽しく遊んで待ってる子や、トレーニングを頑張って先生やお母さんに褒めてもらってる子、当院の雰囲気を実際に感じとっていただけたら幸いです。ご希望の方は、事前にお問い合わせください。

 

 

>>こちらのページにて体験談をご紹介しております。


診療日カレンダー 内覧・見学いつでもOK!

ひよこクラブ

当院が紹介されました

訪問歯科診療良質の幹細胞を未来へ 歯髄細胞バンク
スタッフ募集 横浜 インプラント 大和市桜ヶ丘駅 くぼくら歯科 ネット予約はこちら クレジットカード