▼ MENU

フッ素について
ホーム > 即日でセラミックの白い歯にできるセレック

即日終了!セラミック治療『セレックシステム』

セレックシステム セレックシステムは、歯型を取らずにコンピューター制御によって歯の修復物を設計・製作するCAD/CAMシステムで、最先端の審美歯科治療です。 通常の歯科治療では、白い詰め物を作るために、粘土状のドロドロした物をお口の中に入れて、数分間お口を開けたまま…動かずに我慢します。
このセレックシステムでは、そんなストレスもなく、たくさんのメリットがあります。

短時間で高精度

セレックシステム3Dのビデオカメラでお口の中をスキャンします。それを元にコンピューターで設計し、ミリングマシンという機器が自動的に歯を削りだし歯型を作ります。(削りだし所要時間約12分) 従来のように、型を取った後、外部の技工所に委託しないことで安価かつスピーディーに審美治療が可能です。

セラミックスは歯と一体化

セレックシステム金属製の被せ物は、セメントと接合しないので、ほとんどくっつかず外れやすいというデメリットがあります。そして、その箇所から虫歯になるということが多いのです。 しかし、セラミックスはセメントと強固に接着し、セメントは歯とも強固に接合します。つまり、セラミックスは、セメントを介して歯と一体化します。

金属アレルギーの心配なし

先進国においては、歯科材料で日本だけが使用しているという銀合金等の金属は、保険治療で価格は安価かもしれませんが体に安全とは言い切れません。 セレックシステムでは、セラミック素材を使っているので身体に優しく、金属アレルギーの心配がありません。

耐久性も抜群

セレックシステムセレック治療は、ヨーロッパやアメリカなど世界中の歯科医院で採用されています。規格生産された高品質のセラミックブロックを使用するので、耐久性が抜群です。 15年後の残存率を調べた臨床研究では、通常のセラミック治療で約68%でしたが、セレック治療では約93%と、とても優れた結果が出ています。 また、上質なセラミックなので、自然歯のように見た目も美しく仕上がり、強度もほぼ同じなので噛み心地も違和感がありません。

治療時間が短い!

治療にかかる時間は、1本で約1時間~1時間半程度!即日終了です。 仮歯を作る必要もなく、仮歯着脱時の痛みや、しみるといった不快さもありません。 ※前歯の場合(より自然な色のグラデーションに加工が必要)や患者様の症状により、1度の通院で治療が終わらないこともあります。

 

治療の流れ

1.マイクロスコープによる精密な歯を形成

セレックシステム当院では、ドイツのカールツァイス社のマイクロスコープを使って、虫歯などの部分を約8倍に拡大して治療を行います。削る治療でも、肉眼で歯を削るよりもかなり精密です。 治療が必要な部分のみを除去し、自然歯を削りすぎることがない高精度の治療が可能です。

2.ビデオカメラでスキャンして型取り

セレックシステム次は、3D光学ビデオカメラで口腔内を撮影し型を取ります。従来の粘土のようなものを使った型取りの方法は不要で、不快感はゼロ! 数秒の作業で、患部の歯列がモニター上に再現されます。 ※症例によっては、型取りが必要な場合もあります。

3.補綴物を設計

コンピューターの3D画面上で、歯の形態や噛み合わせの調整をあらゆる角度から行って修復物を理想的な形に設計します。 設計後は、さまざまな色のセラミックブロックから、最も適する色を選びます。

4.修復物を加工・製作

セレックシステムコンピューターで設計されたデータを元に、ミリングマシンと呼ばれる機械(CAM)でセラミックブロックを削り出し、修復物を精密に加工・製作します。 この工程は、目の前でご覧いただけます。かかる時間は、約15分です!

5.口腔内にセッティング

精巧に出来上がったセラミックの補綴物を、先進的な接着技術でお口の中へセットし治療は完了。 10年間で90%以上の残存率を誇るセレックシステムでの治療は、これで終了です。

 

治療費

インレー(一部分の被せ物) 58,000円(税別)

クラウン(完全に被せるタイプ) 58,000円(税別)

※上記の治療費は、期間限定価格になります。

 

よくあるご質問

銀歯などの金属による治療では、金属とセメントが接着せず、歯とかみ合わさる(させる)ことによってくっついています。
なので、金属の被せ物は、外れてしまったり、外れなくても、内部のセメントが崩壊し銀歯の下が虫歯になってしまうことが多々あります。
セレックシステムで使用するセラミックは長石系で、レジン系のセメントととてもよく結合します。また、このセメントは歯ともしっかり結合するので、一塊になります。モノブロック化と呼ばれ、つぎ目が殆どなくなるので、銀歯治療のような2次虫歯になりにくいのです。

銀歯治療の延長線上でセレック治療を行うと、トラブルが多発します。接着を意識した歯の削り方、セメントの扱い方が大変重要だからです。
また、セラミックの厚みを均等にする必要があり、マイクロスコープで拡大し精密に歯を削る必要があります。そのため、経験や症例数も治療の良し悪しに関係してきます。
当院は、神奈川県内ではトップクラスの実績を誇ります。

歯科医師が、セレックのコンセプトをよく理解し、スキャンも丁寧に行えば、技工士さんが作る金属の被せ物よりも精密度は勝ります。
歯科医院で型を取り、技工所に出し技工士さんに作ってもらうジルコニアの被せ物も、模型をスキャンしセレックのような技工用ミリングマシンで削り出しています。
つまり、構造的には、同じと言えます。

セレックは、セラミックなので、ある程度厚みが必要になりますが、歯とセレックは、セメントを介して一体化するので問題ありません。

セレックは、歯と一体化するためには、セメントが最重要です。セレック側は、シランカップリングと接着物質MDPを含む前処理が必須で、 歯の方には、セルフエッチングプライマーの塗布が欠かせません。こうした処理により接着効果が発揮されます。金属の被せ物には、このような処理をしても、接着効果はそれほど高まりません。

数世代にわたりモデルチェンジを経て、現在は、セレック4となっています。セレック3との大きな違いは、歯のスキャン(読み取り)がビデオ撮影になった点で、 精密性が大きく進歩しました。セレック3では、静止画でした。

セレックのシステムで長石系セラミックブロックで削り出せるのは、単独の冠(クラウン)のみです。
イーマックスブロックを削り出す場合には、ブリッジも作ることが出来ますが、イーマックスは電子炉に入れて焼くので、時間がかかってしまうのが難点です。

できる場合が多いです。

銀歯は、基本的に歯に接着しないので、嵌合(はまり込むこと)が重要です。
銀歯を高さがない歯に被せても外れてしまうことが多く、仕方なく歯の中の神経を取りスペースを作って、杭のように金属の土台を立て被せます。しかし、この方法では土台の金属がクサビになり歯の根が折れてしまうことがあります。
セレックでは、はまり込む必要はなく、接着できる面積があれば可能です。神経を取る必要もなく治療ができる場合が多いです。

当院では、即日終了が原則です。それが、このシステムのメリットです。

型を採り、仮歯を作り、次回に被せ物を装着する…という場合は、仮歯を外すのも痛く、仮歯のセメントを完全に除去するのも困難ですが、このセレックシステムでは、そのような不快感や痛みもありません。
神経がある歯の治療の場合、麻酔をしてから装着まで約45分。麻酔が切れるまでに治療は終了です。

被せ物によって歯の出っ張りを治すことは可能ですが、お勧めいたしません。矯正治療で直す治すことをお勧めします。


診療日カレンダー 内覧・見学いつでもOK!

ひよこクラブ

当院が紹介されました

訪問歯科診療良質の幹細胞を未来へ 歯髄細胞バンク
スタッフ募集 横浜 インプラント 大和市桜ヶ丘駅 くぼくら歯科 ネット予約はこちら クレジットカード