▼ MENU

予防歯科
ホーム > 初診時における虫歯保有率

健康な歯を守るTDL(都筑デンタルランド)に来院された、初診の患者さんの虫歯の保有状況

(2014年8月~2015年7月)

初診時における虫歯保有率表

開院した昨年の8月から本年の7月までに、約1200名ほどの患者さんが新規として来院されました。その統計データがまとまりました。

厚生労働省発表で最新のデータである平成23年度歯科疾患実態調査と比較をしました。

その結果として、

  • ・7歳児までは、都筑キッズデンタルランド(TDL)に来院された患者さんの方が虫歯の罹患率はほぼ高かった
  • ・2歳児においては、全国平均の約2倍であった。これは小児歯科専門と言う特殊性もあるのかもしれません
  • ・6歳児においては、全国平均を8%も上回る虫歯の罹患率であった
  • ・7歳からは全国平均を下回る結果となった

考察

  • ・小児歯科専門医と言う事で、他の医院でお手上げになったお子様が多く来院されるので、幼児に於いては、全国平均を上回るのは仕方がない可能性が示唆された
  • ・7歳から、つまり小学校に上がるようになると、都会部で親の意識も高い事が推察され、全国平均を下回る結果が出たのだと思われた


将来的な展望

  • ・5年後に初診時における4歳児で、20%程度にできれば、TDLの存在意義は大きい。
  • ・その為には地域の虫歯予防に対する知識の啓蒙や、情報提供をし底上げをする必要を強く感じた結果であった。
  • ・今回の調査は初診時における虫歯の保有率であるが、今後は、来院者の虫歯保有率も調査する必要があると思われた。

診療日カレンダー 内覧・見学いつでもOK!

ひよこクラブ

当院が紹介されました

訪問歯科診療良質の幹細胞を未来へ 歯髄細胞バンク
スタッフ募集 横浜 インプラント 大和市桜ヶ丘駅 くぼくら歯科 ネット予約はこちら クレジットカード