▼ MENU

妊娠中の方へ
ホーム > 妊娠中の方へ

妊娠中の方へ

妊娠中のカラダの変化は、お口の中にも影響をあたえることがあります。ホルモンバランスの変化や、つわり、食生活の変化などが妊婦さんのお口の環境を悪くし、次のような症状が多くみられます。

  • 歯肉炎
  • 歯周炎
  • むし歯
  • 歯ぐきのできもの

妊娠中は、レントゲンや薬がおなかの赤ちゃんに心配だから、歯科医院に行かずに我慢するという人もいるかもしれません。

しかし、妊婦さんのお口の中が歯周病になっていると、早産や低体重児出産のリスクが7.5倍上がるという調査が出ています。 (アメリカの研究結果・早産や低出生体重児のリスクはタバコや年齢などの要因よりも歯周病の方が高く7.5倍、初産になると8倍近くに(Offenbacherら:J Periodontol,67:1103-1113,1996改変引用)(2003年鹿児島大学、鹿児島市立病院産婦人科の調査も同様の結果)

詳しくは、まだ研究途中なのですが、お口の歯周病菌が増加し血中に入り込むことで、子宮が予定よりも早く収縮し、早産・低体重児出産へとつながるということです。

歯周病は、なかなか自覚症状がなく、自分で気づいた時には、とても進行していることが多くあります。でも恐れることはありません。歯科衛生士による専門的なクリーニングで歯周病は改善することが出来ます。 出産を予定されている方は、ぜひ一度ご相談に来てください。

妊娠中は、むし歯や歯周病になりやすい

妊娠中のお口は、むし歯や歯周病になりやすい時期です。 つわりや不規則な食事などによってお口の中が酸性の状態が長く続くことが多く、むし歯ができやすくなります。さらに、女性ホルモンの変化(影響)により歯肉に炎症が起こりやすく『妊娠性歯周炎』の方が多くいらっしゃいます。


生まれたての赤ちゃんにはムシ歯菌はいません。 お子さんが一生健康なお口でいるためには、お腹の中にいる時からがスタートと考えてください。まずは、赤ちゃんとたくさん時間を供にするお母さんのお口が健康がとても大切です。

妊娠中や出産後の時期こそ、歯科医院で定期的な検診やクリーニングを受けることをお薦めいたします。 ぜひ一度、遊びに来る感覚で来院してください。心よりお待ちしております。

当院の理事長は、産婦人科「新横浜の母と子の病院」にて講義をさせていただいております。 私たちの想い 詳しくはこちら

妊婦さんに当院からのプレゼント

マタニティ 絵本

お子さまが一生歯で困らないために(forマタニティ)

と題した小冊子を無料にて、お届けいたします。

妊娠中の今だから知っていただきたいこと、おなかの中のお子さまにできること、などを書いてあります。
ご希望の方は、こちらのお問合わせフォームからお申込みください。

横浜市の妊婦歯科健康診査を活用しよう

当院は、横浜市妊婦歯科健康診査の指定医療機関です。


受診対象者:横浜市内に住民登録のある妊婦さん

健診費用:無料(1回)

※健診の結果、治療が必要な場合は、治療費が別途かかります。


受診方法:ご予約後、来院時に「妊婦歯科健診 受診券」をご提出ください。

※受診券は母子健康手帳と一緒にある健診券綴りに入っています。

 

受信時の持ち物

・妊婦歯科健診 受診券

・母子健康手帳

 

★ご予約の際に「妊婦歯科健」希望とお伝えください。お待ちしております。


診療日カレンダー 内覧・見学いつでもOK!

ひよこクラブ

当院が紹介されました

訪問歯科診療良質の幹細胞を未来へ 歯髄細胞バンク
スタッフ募集 横浜 インプラント 大和市桜ヶ丘駅 くぼくら歯科 ネット予約はこちら クレジットカード