▼ MENU

注意したい目に見えない虫歯(歯と歯の間の虫歯)

投稿日: 2017年6月12日  | カテゴリ: 都筑デンタルBLOG


虫歯というと、黒くなってきて穴が開いて来てということを連想すると思いますが、場所によっては重度になるまで全く気づかないということもあるのです。
それが、歯と歯との間にある虫歯です。
隣接面の虫歯などとも呼びますが、これは外からでは見えないことも多いため、虫歯を自覚する時には既に進行しているということが多いです。

 

お母さん、お父さんが思っている以上の進行であることも多く、歯科医とトラブルになるということも少なくありません。
これは、歯科医側からの説明が不充分な状態でごっそりと削ってしまうという場合にも起こりますし、「虫歯でこんなに削られるなんて思ってなかった」という場合にも起こります。(当院ではビデオで治療のようすを見ることも可能です)


特に後者の場合、そんなにひどくない虫歯である、もしくは虫歯なんてないと思っていたため、不必要に大きく削られたんじゃないのかと思うことも多いようです。

 

 

個々のケースによって全く変わって来ますが、隣接面の虫歯は本当に怖いもので、想像以上にたくさん歯を削ることになる場合が多いのです。
ですから、歯磨きなどのセルフケアも大事ですが、定期的に歯科医で検診を受けておくことも必要です。

 

隣接面のケアならデンタルフロスや歯間ブラシを併用することをお勧めします。
また、デンタルフロスでセルフチェックも出来ます。
隣接面にフロスを入れて歯の表面を擦るように動かしましょう。

 

この時に、【隣接面にざらつきがある】、【出し入れする時に糸がばらけてしまう】、【いつも同じ個所でフロスが引っかかる】、【何か引っかかる気がする】などの症状があると、虫歯である可能性があります。

 

尚、つめもの、かぶせものの歯である場合は、合わなくなっている場合にも、上記の【ざらつき】以外の症状が発生することがありますし、また【フロスが入らない】ということもあります。


この場合も、合わない箇所から虫歯になる可能性がありますので、早めに歯科医で診てもらった方がいいと思います。

 

この記事の関連記事

歯が黒く変色していたりすると虫歯だと分かりますが、実は乳歯の場合、初期の虫歯は黒くなるのではなく白くなります。白いといっても通常の白さとは違うので、よく見てみると白さの違いに気付くはずです。   ただ子供の場合、大人よりも痛みに鈍く、初期の虫歯

平均的な大きさよりもかなり小さい歯の事を矮小歯と言います。歯科院の診断で、矮小歯と診断される事もありますが、矮小歯だからといって特に問題があるわけではありません。ただ、歯が小さいのですきっ歯になったり、歯並びや噛み合わせに何かしら問題が出てきたりす

赤ちゃんがおしゃぶりを利用していると、歯並びに悪影響があるという話があります。調査したところ、おしゃぶりを長期間使用している赤ちゃんの歯並びに問題がある率が極めて高いということが分かっています。おしゃぶりというのは親御さんにとっては育児の手助けにな


アーカイブ

2016

最新記事